2015年04月28日

 ケツ・キャメラは二度としたくないと思いました。
 朝から何時間もかけて、超マズい下剤を2リットルも飲み、
 ケツから差し込まれるキャメラにのたうち回りました。

 大量の下血をみた瞬間、命にかかわる大病も覚悟しましたが、
 検査の結果は「痔」だったそうです。

 検査後はしばらく物を食べず、
 食べるにしても消化によいものを
 …と言われましたが、
 病院を出るやCoCo壱に直行。
 豚しゃぶ チーズ 甘口
 ガッツリ食って、晩も大酒かっくらいました。

 ニョホッ!!
posted by 榊原ようご at 16:49| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

明日はassからキャメラの日

 新年度に入り、前月まで、自分の会社に重大な病巣があったことを知りました。
 病巣はすでに排除され、それによって経営的には大いに改善できる見通しとなったわけですが、
 自分自身はその病巣の存在が極めてショッキングであったらしく、
 発見から数日は何度も嘔吐し、
 やがて、肛門から大量の鮮血を吹き出しました。

 下血は四日間ほど続き、いまは落ち着いております。
 しかし、あの光景、便器が真っ赤に染まるあの光景には心底驚き、
 もちろん病院で診察してもらい、
 そして明日、
 ass(尻の穴)
 に、キャメラをぶち込む運びとなりました。

 今日の段階から病院の指示による食事
 (レトルトパックの三食)
 を食べ、午後八時以降は水だけですごさなければなりません。

 明日、assから何が発見されるのか?
 特に病気ではないとわかれば、さらなる経営改善に向け、
 パワー全開でまい進できます。

posted by 榊原ようご at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月27日

写真鑑定できる方へ

 愛犬・ジャイロを撮った1年ちかく前の写真ですが、おかしなところがあります。
 尻尾が2本あったりお尻のあたりがブレてたりするのは、まあ、手ブレとかだと思います。

 気になるのは、顔が二つあって、片方は口を閉じ、もう片方は舌を垂らしているようにみえることです。
 顔が二つ…までなら、これも手ブレでいいでしょう。
 しかし、一方がベロ〜ンと舌を出しているのが気になります。

 この写真を撮って以後、ジャイロに別段変わった様子はありません。
 心霊写真の類なのか?
 もしそうなら、何を示唆するもので、その示唆にどう対処するべきなのか?
 あるいはカメラとか撮影の問題なのか?

 カメラはiPhone2とか3とかそのあたりだと思います。

<元の写真>
IMG_4178.jpg
<拡大>
IMG_4178_2.jpg
posted by 榊原ようご at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

ジャイロの衝動

 昨日から、朝の散歩にヒバリのさえずりを聞くようになりました。
 着実に春が近づいています。

 そんな今朝の散歩の道中、
jay1.JPG
 ふいにジャイロが川の向こう岸に反応。
jay2.JPG
 野犬の群れがいるようです。
jay3.JPG

 「ちょっと挨拶してきていい?」

jay4.JPG
jay5.JPG
 夢中で向こう岸に泳ぐジャイロ。
jay6.JPG
jay7.JPG
 接触に成功。

jay8.jpg

 お友だちになれたのかどうか…。

posted by 榊原ようご at 12:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月31日

鏡TM

DSC_0336.JPG

 丸亀ボートに入ると、真正面にありました。

 西暦2015年、皇紀2675年がよき一年であらんことを

posted by 榊原ようご at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

台風通過直後の瀬戸内海

DSC_0321.JPG

 河口部ではクッキリと、水の色が分かれていました。
 肉眼ではよりハッキリと見えますが、画像でもわかりやすく加工しました。
posted by 榊原ようご at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

【釣果記録】20140921_中潮_近所の漁港

・サバ3尾(18〜20p。サビキ)
・チヌ1尾(22p、さぐり、シラサ)
・ギザミ1尾(20p、さぐり、シラサ)
・オキソメバル1尾(15p、さぐり、シラサ)
・ガシラ1尾(14p、さぐり、シラサ)
・チャリコ数尾(リリース)
・フグ数尾(お仕置きの後リリース)

 サバとギザミは刺し身にして食べ、他はリリース。
 同ポイントは近ごろ魚影が多く、ここ数日でも夜間、パワーシラスでオキソメバル、ガシラ、サバなどを上げた。4pほどのベイト(イワシ?)の群れが回遊し、それを追ってサバの群れが移動。20p前後のサヨリの群れも入りだした。漁船の直下に良型のチヌ、シーバスがサスペンドするすがらがところどころでみられる。
posted by 榊原ようご at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

やっとひと息 〜実務漬けの晩夏の休息〜

 丸亀のピット担当を含め、今月後半は実務が一気に増加。
 きのうの夕方2時間ですが、久しぶりに仕事以外の時間が作れました。
 シラサエビで探り釣りをしましたが、
 ・チャリコ…極小数匹
 ・クサフグ…多数
 ・ハゼ…多数
 ・ガシラ…24センチ
 全部リリースしました。

DSC_0309.JPG


posted by 榊原ようご at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

みえたぞ「舛添都知事 □□□□される」

 舛添都知事が反日勢力を代表する売国奴であることは周知の事実ですが、
 (民放テレビを鵜呑みにする人は別として)
 かなり深刻なしっぺ返しを、間もなく受けることになるでしょう。

 先月の訪韓も、まったくもって東京都にとっても国益にとっても有害無益。
 舛添個人の利益のため、韓国のためでしかたないスタンドプレー。
 誰も頼んでもいないのに、勝手に公費を使ってのあのペコペコ外交。
 鳩山とか管とか村山とかに通じる、国民が一瞬にして殺意を覚えるあの売国っぷり。
 しかも都心に韓国学校?
 都民の社会福祉施設の用地さえ見つからない状況なのに、なぜ韓国だけ超優遇しようとする?

 私は都民じゃないけれど、田舎に住んではいるけれど、東京は我が国の心臓部です。
 リコールで引きずり降ろされるだけなら、まだしも平穏な落とし所かも。
 このまま堂々と、開き直ったような売国行為を繰り返せば、やがて外患誘致罪に問われても不思議はないでしょう。リコール運動が起こることも当然でしょう。しかしそれより、あまりに堂々たる売国行為の暴走は、穏やかな一般国民にさえ挑発的であり、自ら自分に対するテロリズムを刺激し、誘発しているとさえいえます。

 舛添都知事は、すみやかに職を辞することが身のためでしょう。
 いっそ韓国に移住した方が本人も幸せでしょう。むろん、我々日本国民にとってもそうしてくれた方がよい。
posted by 榊原ようご at 11:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

丸亀ピット担当しています

 二十五年前、駆け出しの記者として経験を積ませて頂いた丸亀のピットで、いま、新人当初よりも緊張しながら、恐縮しながら取材を行っております。まだお盆シリーズだったため、地元選手が多くて助かってはいます。

 いつも新しいことにチャレンジすると思うことがあります。
 未体験の実務にあたった際、それがどんな内容の仕事でも、いつも必ず思うことがあります。
 それは、「この仕事は自分にもっとも向いていない」ということです。自分ほどこの仕事に向かない人間はいないだろうと、即座に逃げ出したくなります。
 しかしこれは、そこにある仕事を「我が仕事」として取り込むための、第一歩だと考えます。過去の経験から、逃げずに向き合うことで、遠からず「我が仕事」とできる日がくる。これまで逃げずに、いくつもの新たな試みに挑んできました。それによって多くの経験を積むことができました。

 いまピットで行っている作業は、過去に経験したことはもちろん含まれますが、しかし、ネット時代に合わせて新しく創立した実務もあります。自分で立案したコンテンツなのに、その運営の実務を自分で行うのは、実は今回が初めてでした。
 朝から晩まで実務漬けの日々で、いつぶっ倒れるかわからない状況ではありますが、初心にかえったつもりで、むしろこの状況を乗り越えればもっと成長できる、そればかりか、若返ってみたりするんじゃないか?と、ポジティヴにとらえて取り組んでいます。
posted by 榊原ようご at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする