2013年07月23日

仁淀ブルーでI'm in blue

 「仁淀ブルー」ってやつがみたくて、高知の山奥まで行ってみましたぜ。
niyodo_blue.jpg
posted by 榊原ようご at 15:23| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

焼き鳥屋の親父(のようなこと)やってます

yatai.jpg

 せせりが人気です。
 (塩・タレ 300円)

posted by 榊原ようご at 13:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

この小さな喜びを密かに語りたい

 自分、一年中クシャミをしてるんですわ。
 その原因はもしかして、
 右の鼻の穴の中にある、
 小さな何か傷のようなものではないか?
 そう思ってたんですわ。
 なんか痛痒いし。

 そんでさっき、その傷というかカサブタのようなやつを
 思い切って毛抜きで剥がしてやろうとしたんですわ。
 ビンッ!
 と鈍い感触があって、
 それはまるで、鼻毛が抜けた時のようでもあって
 毛抜きをみたら、カサブタじゃなくて鼻毛だったんですわ
 それも白髪で、すんごくぶっといやつ。
 なんというか、鮎の小骨のようですわ。
 ホント、魚の骨そのものですわ。
 指で転がしてみたら、ゴリゴリと力強くってね。
 なぜか無性に嬉しかったんですわ、これが。
 ニョホッ!!
posted by 榊原ようご at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月28日

またトイレで気づいたことがある

 クソしてケツを拭くとき、
 ケツ穴をえぐり取るぐらいの勢いで拭いた方が、
 なんか気持ちいいしスッキリする。
 45歳を目前にしてやっと気づいた。ニョホッ!!
posted by 榊原ようご at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

よっちゃん、おめえさんも変わっちまったな

 たまたま超久しぶりに「よっちゃんいか」を食べて違和感。
 私の記憶ではゲソ中心だったのに、なんだか四角くカットされたものばかり…。

 ん?
 …と思ってパッケージをよくみたら、
 「カットよっちゃん」となってました。

 ま、食感だけ違和感はあるものの、
 味は変わらずあの味。
 匂いもあの、グローブの中で蒸れた指先のようなあれ。

 しかもくじで「あたり」が出たから、まあ、イッカ。
posted by 榊原ようご at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

ハエさん!いらっしゃい!

 またまた衝動買いしちまいましたぜ。
 塩でハエを撃ち殺すというショットガン
 バグアソルト!

 ハエども、覚悟しとけよ!

bugasolt.jpg

posted by 榊原ようご at 12:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

てんとう虫にビーチク噛まれたよー

 会社の駐車場にビーチベッド置いて裸で寝て…
 というのはいつものことながら、
 本を読んでいたら、胸のあたりにチクリと軽い痛み。

 みると、てんとう虫(ナナホシテントウ)がビーチクというか、
 乳輪にとまってました。
 指でピンッて弾いて再び読書。
 …すると今度は二の腕にさっきと似た痛み。
 すっ飛ばしたつもりが、てんとう虫は右腕に落ち、
 そこでも肌に噛み付いていたのでした。

 てんとう虫も噛むんだな…。

 ちょっとネットで検索したら、
 アナフィラキシーショックを起こす場合もあるとか。
 二の腕の方は赤くポツンと跡がついてるし、
 案外あいつら、サンバに合わせて踊り出すだけじゃないのね…。
posted by 榊原ようご at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

I feel the acho ほか

I feel the acho
acho.jpg
生まれて初めてアコウを釣りました。
狙って釣ったのではなく、メバルかガシラでも…と探っていて偶然のこと。
24センチと小さかったのと、この1本しか釣れなかったのでリリースしました。

Jayro in da house
jayroindahouse.jpg
先日は酔っ払ってこのハウスの中でジャイロと眠ってしまいました。

At Taruike-Farm
yginfarm.jpg
バジル、トマト、ズッキーニ、アスパラガス、ニンニクを育て始めました。

Jayro in green
jayrogreen.jpg
肉眼でみるともっと鮮やかなグリーンで(お天気だと)、ブラック・ジャイロとのコントラストはもっと絵になります。

posted by 榊原ようご at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月21日

自衛隊万歳!

 第14旅団創隊7周年・善通寺駐屯地開設63周年記念行事

 行ってまいりました。
 戦車がドルンドルンやってきてドカン!と大砲撃って、戦闘訓練もドンパチやって非常にエキサイティングでした。

DSC_0130.JPG

 しかし、なにより国民はもっと自衛隊を理解する必要があると思いました。
 国内の既成メディアは自衛隊の素晴らしい面を伝えることに消極的で、いや、あるいは否定的であったりします。海外の方がむしろ、我が国の精鋭たちを高く評価していると思います。それも、兵力というより、モラルの高さとか人道的な面で…。

 私は自衛隊の現状を支持します。

posted by 榊原ようご at 17:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

おーい貧乏人どもー! 百均も慎重に使おーぜー!

 ボンビーライフは智恵と努力の毎日です。
 百円ショップの活用も、慎重に智恵を働かせなければなりません。
 単に「百円で買える」という安易な発想では、まだまだ立派な貧乏人ではありません。

 まず、「百円もしないもの」が結構あります。
 百円ショップでは百円するけれど、安売りスーパーにいけば八九円で買える、みたいなものがあります。
 買い物をするならまず百円ショップ…という発想はボンビーライフの基本ですが、それ以前に、
 「百円以下で買えるかも?」と考えるべきでしょう。

 また、百円ショップでもお店によって単価が異なる場合があります。
 最近気づいたのですが、ダイソーで四個入りのものがセリアだと三個入りだったり、
 セリアで十二個入のものがダイソーに行けば十五個入っていたり。
 まったく同じ商品でも、百円で括る際の数が結構違ったりします。
 これからも慎重にチェックし、賢い貧乏人を目指します。

posted by 榊原ようご at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月08日

春の一句

 桜も咲き始めて春が確実に接近。
 初春…ではないけど、なんとなくそんな出だしで一句詠もうと思ったら、ちょっと違う句になってしまいました。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・
 白髪や ホワイトヘアードデビルなり
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・

07068260.JPG


posted by 榊原ようご at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

四十にして童心健在なり

 やっちまったよー!
 また寝ションベンしちゃいましたー!
 イエーイ!
 (涙)

 でも、パンツ濡れただけで布団まで濡らす前に目が覚めてセーフ!

 ……アウト?
 つーか、四十過ぎて寝ションベンしている時点でスリーアウト?
 ん? ゲームセット?

posted by 榊原ようご at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月09日

父の件につきまして

 「月刊競艇マクール」先月号のコラムに、父の病気について書いたところ、各方面より心配やお見舞いの声をたくさん届けていただくことになり、恐縮しております。

 ありがとうございます。
 &
 ご心配をお掛けしまして申し訳ありません。

 父は病気を持つ身とはいえ、いたって元気なようですし、余命云々という話が出ているわけでもありませんので、「そうか、病気なんだ」程度に受け止めていただけると幸いです。

 あまりに多くの方からお声がけいただいたので、こうしたことを次号のコラムに書こうかとも思いましたが、それこそ誌面の私物化になるし、そもそも競艇とは直接関係のない話なので、このブログにて皆さまにお伝えしようと考えました。
 私自身、ちょっとショックを受けたもので、その感情に駆られるまま書いてしまった内容でした。いまとなっては、軽率だったと反省しております。申し訳ありませんでした。

 なお、父は戸田ボートにより近いところへ転居したので、たぶん、毎日元気に戸田ボートへ通っていると思います。

posted by 榊原ようご at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

いまトイレで

 洋式便器に座って用を足しながら、
 トイレットペーパーで鼻をかんで、
 エコな私はその紙を二つ折りにすると、
 新しいトイレットペーパーで二回りほどカバーをし、
 オケツを拭きました。

 オケツにニュルッと出て来ましたよ。

 結局、普段以上にトイレットペーパーを使ってしまいましたよ。

 ……本末転倒。

posted by 榊原ようご at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

「毛抜き騒動」の果て

 眉毛まわりのムダ毛は“抜く派”なので、毛抜きは手放せないアイテムです。
 それが先週、どんどん“抜け味”が落ちてきて、それが騒動の発端。
 最初は研げば何とかなると思っていたのですが、なかなかうまくいきません。
 紙ヤスリも粗い400番から、細かい2000番まで試したし、研ぐ角度も試行錯誤しました。
 紙ヤスリではダメかと思い、包丁を研ぐ道具も数種類、やはり様々な角度で研ぎましたがダメ。

 やっぱり新しいのを買うしかない。
 ↓
 買う。
 ↓
 やっぱりダメ。
 ↓
 もう一度古いのを研ぐ。
 ↓
 うまくいかない。
 ↓
 別の新しい毛抜きを買う。
 ↓
 やっぱりダメ。

 こんなループを繰り返し、何軒もお店を周り、何本も新しい毛抜きを買い、「これで最後」と毎回思いながらお金をつかい、やがて、元の古いのに似たデザインのが見つかりました。買ってみたらそれがようやくベストな感触で、つーか、確認したら元の古いのと同じ商品でした。

 一週間に及んだ毛抜き騒動はこうして一件落着。
 しかし、なけなしのお金を随分つかっちゃいました。
 一番高いものでNOOK(ヌーク)という\2,100のもの。しかし、結局は2本で400円のやつが、つまり一番安いやつが探し求めていたものでした。

 先ほど、おびただしいムダ毛が抜けました。
 毛抜きの“収穫”って、妙に自己満足できたりしますね。
 ニョホッ!!
posted by 榊原ようご at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

イデオロギッシュになるばかりでなく…

 竹島や尖閣諸島の領土問題、ネトウヨ、民主党の売国、安部首相の就任、右傾化云々、などなど…。
 近所の国々との関係が、少なくとも国民感情レベルでみれば、悪化する一方のようです。

 私個人はどちらかというと、いわゆる「ネトウヨ」寄りかもしれません。ネット上にある情報や、すべての報道を鵜呑みにするわけではないけれど、実体験も含め、「彼らとは人種が違う」ということを思ってしまうし、「日本人でよかった」とも思うし…。

 でも、そういう考えはちっぽけなんだな、と、少なくともそういうことを言い合っている間は、何も解決しないんだろうなと、そう気付かされました。司馬先生に…。


−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
 私が、民国の韓国や共和国の朝鮮、または日本を思うとき、はるかな背景に、遠景として、当時まだ沃野だったシベリアの野や湖がひろがるのである。
 私どもが、中景としての文明や文化を持ったときから、互いの小異にこだわるようになった。とくに現代の人類を不幸にしていることは、イデオロギーによって異を立てあっていることである。
「同じ顔の兄弟」
 と思うとき、シベリアの古代風景を脳裏に展(ひろ)げるべきである。わずか数千年の時間の前には、ソウルも平壌も東京も、じつに小さな存在にすぎない。むろん、遠景ばかりを思うのは、私がそうであるように一種の馬鹿である。近景はいよいよ精密に研究され、描きつづけられねばならない。しかし近景だけしか見えないのもこまる。近景だけしか見えない大脳群が、何千万個、何億個も、それぞれの国境の内側に山盛りになってひしめきあっているのは、悲惨で滑稽で、それ以上に危険なことではあるまいか。
(司馬遼太郎「日韓断想」一九八五年)
−・−・−・−・−・−・−・−・−・−
posted by 榊原ようご at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

要注意!! ULTRA WiFi 4G SoftBank

 Pocket WiFiを使う必要があり、SoftBankの「ULTRA WiFi 4G SoftBank」を購入。
 これがまったく使えないシロモノで、何度かはネット接続できたけれど、途中で途切れるし、再度つなげようとしてもつながらないし、本体は知らぬ間に電源落ちてるし…。
 結論として、こはまったくもって詐欺でした。

[以下経緯]
 <ショップに問い合わせ>
−(経緯と症状を説明)どういうこと?
SB「機械の故障かもしれないのでメーカーに問い合わせを」
−は? 何言ってんの? おたくから買ったものだし、機械の故障という問題じゃないんだけど?
SB「じゃあ、157に」
−え? もっと意味わかんない。157ってなに?
SB「コールセンターです。157とダイアルしてください」
−へ? 客がそこまでしなきゃならないの? おたくから買ったのに?
SB「こちらでは、メーカーに問い合わせてもらうか、157にかけてもらうしかありません」
−ふ〜ん、いかにもSoftBankな驚きの対応だね。
呆れてガチャ切り

 一応、「157」とやらに電話するも、「○○の方は1番を…」という例のガイダンス。辛抱して全部聞いたけど、あてはまるダイアル先はなし。
 ますますもってSoftBankらしい、迷宮に迷い込ませて諦めさせる商法。
 …というのをさらに確信したのが、この翌日。
 知人から再度ショップに電話してもらい、「こういう症状の問い合わせは多いのでは?」と聞いてみたところ、「ありません」と即答。ふーん、昨日オレがまったく同じ内容で電話したばかりなのに?

 要するに、組織ぐるみの詐欺商法でした。

 「繋がらないのだから使えないわけで、使えないモノを売りつけられたのだから返品したい」と言ったところ、「契約を解約するということなので、違約金を支払ってもらいます」。いやいや使えるもんならお金は払うし、使えると思ってお金払うつもりで契約したんだけど、使えないからいらないって言ってるだろ?
 いや〜、笑ってしまうぐらいのSoftBankっぷり。違約金とやらは4万だか5万円とのことで、う〜ん、SoftBankらしい詐欺商法全開。
 ネットで調べたら、やはり全国で同じ状況に追い込まれ、泣く泣く使えもしない機械を手元に置き、毎月4千円弱を搾取されるしかない方々がたっくさん、いるわいるわ…。

 今回、最終的に「キャンセル」扱いとのことで、今月の引き落としを最後に解約…という処理にさせました。
 (正しいことは貫き通すべし)
 本当は、これまで支払ったお金は全額返してもらったって合わないんですけどね。これのためにどれだけ時間や労力を費やしたことか…。でも、詐欺集団と縁が切れるのであれば、まあ、「キャンセル」で手を打つのが賢明と判断しました。

 SoftBankさん、本当にありがとうございました。

posted by 榊原ようご at 13:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

マリリンに逢いたい…的なジャイロ君

201204_jayro.gif

 今朝、散歩中の河川敷でのこと。
 対岸の野犬を発見するなり、ジャイロは大興奮。
 寒風をものともせず川端に駆け寄ると、躊躇せず頭からダイブ。
 その瞬間、目当ての野犬(たぶんメス)はもう全力で遠くに走り去ってしまったのですが、そうとも知らず、ジャイロは川を渡り切ります。
 向こう岸について必死にメス犬を探すものの、見つからずに断念。
 結構な距離でしたが、ションボリと泳いで帰ってきたのでした。

posted by 榊原ようご at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

勝野竜ビッグタイトル制す

 丸亀ボートの「アダムスキーカップ」は勝野竜司選手がイン逃げで見事優勝。

admsk.jpg

 個人的には秋山広一選手がアダムスキーTシャツを狙って優勝を目論んでいると思っていたのですが、残念。
 ただ、勝野選手は副賞のアダムスキーTシャツをお渡しした際、「あげる人がいるので」とポツリ。
 ん?
 アダムスキーTシャツを欲しがる人が周囲にいるということ?


 優勝戦当日は、場内イベントでレース解説を行い、3個レースすべてはずれました。
 会場でみてくれた皆様、本当にすみませんでした。
 私自身、ボードに書いたフォーカスは全部買っていましたから、この日の終盤3個レースでずいぶん負けちゃいましたよ。
 ニョホッ!!

2011113_event.jpg
posted by 榊原ようご at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月04日

アダムスキーの季節

 きのう3日は、若松ボートの「ていゆうニュース杯アダムスキーカップ」優勝戦でした。
DSC_0088.JPG
 みごとこの“ビッグタイトル”を手にしたのは、徳増秀樹選手でした。
pic01.JPG

 ちなみに舟券の方は、@→B=Eの2点勝負でゲット!
 出張費を使い込んでしまい、帰りのガソリン代がない状態からの復活でした(冷や汗)。

 8月には芦屋でも「アダムスキーカップ」がありました。
 遅ればせながら、優勝を決めたのは芝田浩治選手でした。
DSC_0052.JPG

■アダムスキーカップ 歴代優勝者
 http://www.teyyou.co.jp/tc_adm_cup.html


 さて、11月7日(木)からは丸亀で「アダムスキーカップ」が開催されます。
 なかなかの豪華メンバーで楽しみです、
 …が、最終日に予想イベントがあるので、また赤っ恥かくんだろうなと覚悟しています。

posted by 榊原ようご at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする