2017年04月22日

「道草を食う」ということ



 今朝、犬の散歩をしながら、妙なことを考えてしまいました。

 = = = = = = = = = = =

 「道草を食う」という慣用句が生まれた背景とは、いかなるものだろう?
 昔の人は、道端に自生する草を、日常的に食べていたのだろうか?
 食糧確保の目的で、山に分け入って草を摘むのではなく、道を歩きながら、ふと足を止め、道端で草を食べていたのだろうか?

 だとすれば、その前提としてまず、目的地がなければならない。
 場面としては、目的地へ到る途中の、道端での出来事であるはずだ。
 しかも、歩きながらひょいと草を摘み、歩きながら食べるほど手軽であってはならない。
 「どこで道草を食っていたんだ!」と、相手に非難される程度の時間を割かなければならない。

 道をゆく−。
 道端に、「おっとこれは!」という草を発見する。
 道端にしゃがみ込み、草をはむ。
 ついつい止まらなくなり、時を忘れるほどに夢中で食べ続け、気づけば随分と時間が経ってしまう…。
 そんなことを結構みんながよくやってしまい、「道草を食う」という慣用句が生まれたのだろうか…。

 遅いな、あいつ…。
 きっとまた、道端でいい草でも見つけて食べているのだろう−。
 そんなことがよくあったのだろうか?

 = = = = = = = = = = =

 …そうだ! っと思ってネットで検索したら、草を食うのは人間じゃなく、馬のことでした。

 ニョホッ!!


posted by 榊原ようご at 10:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

地震の予兆かも!? 瀬戸内の珍事

 今朝の散歩の途中、近所の海で、「おや?」と思う光景に出くわしました。
 魚が泳いでいるのですが、その泳ぎ方というか魚の様子というか、違和感があるのです。
 よくみてみると、それは「ライギョ」でした。
DSC_0039.JPG
 言うまでもなく、「ライギョ」は淡水魚です。
 この画像では一尾だけですが、散歩の途中、少なくとも十尾はみました。
 前日の雨で、たまたま川から流れてきた…というのなら別段、不思議には思いません。
 しかし、散歩の途中、いたるところで見かけたのでした。
 たまたま…という感じではありませんでした。
 どうも不気味です。

posted by 榊原ようご at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

【続・閲覧注意】 足がダースモール化しました

DSC_0029.JPG

 「ヘナ」によって、足臭解消はしたものの、
 なんだかこんな足になってしまいましたよ。
 そのうち元に戻るとは思いますが…。
posted by 榊原ようご at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

【閲覧注意】ヘナ Don't Dream It's Over

 この春、半端じゃなく足が臭くなってしまい、
 様々ネットで調べたところ、ある薬がよいとのこと。
 半年以上、その薬を塗ってがんばりましたが、
 ごく最近、<まだ全然足が臭い>
 という現実に直面。

 方針を転換し、「ヘナ」というパウダーを購入しました。
 早速、足の裏に塗ってみると、足の裏が変色…!!
DSC_0028.JPG
 それでも、足臭解消は成功したようです。

 ただ、この足の裏をみるたび、いつも脳裏に
 Crowded Houseの「Don't Dream It's Over」
 が流れるのです。
 サビが「ヘナーヘーナア〜」だからなんでしょう。


 見苦しいものを載せてしm
posted by 榊原ようご at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

久しぶりの休暇気分

 高校時代からの友人(ファインライツ社長)と、
 http://www.kabu-seiko.com/html/company.html

 地元丸亀で四半世紀来の友人(寺岡商店社長)と、
 http://www.teraokagyo-za.com/index.html

 丸亀を中心に三日間の観光を楽しみました。

DSCF7715.JPG

 寺岡氏に船を出してもらい、瀬戸内海で釣りを楽しみ、真鍋島に寄ってお魚料理を堪能し、毎晩、大いに飲みまくりました。

 <観光箇所>
 ○瀬戸内海クルージング&釣り
 ○こんぴらさん
 ○総本山善通寺
 ○その他

 <お食事>
 ○漁師小屋 漁火(りょうか・真鍋島)
 ○一鶴 丸亀本店
 ○せんもん餃子 寺岡商店
 ○長田 in 香の香
 ○その他

 おいしいものばかり食べ続けたので、少し体重が増えてしまいました。
 でも、本当に楽しい三日間でした。

DSC_0021.JPG

posted by 榊原ようご at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

タケノコメバル 〜 歩いて一分のポイントにて 〜

DSC_0013.JPG

 焼酎を飲みながら歩いて一分の「太助灯籠」
 …まですら行かない近場で、昨夜、
 タケノコメバルが釣れました。
 25センチぐらいでしょうか。
 どうせ何も釣れない…と割り切って釣っていたので、
 ちょっと驚きました。
posted by 榊原ようご at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

虹をみたかい?

rainbow.jpg

 私はみたぜ、一昨日。
 同日、「シン・ゴジラ」も観ました。
posted by 榊原ようご at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

梅雨の間の小さな喜び 〜ガリガリ君ゲットだぜ!〜

 超久しぶりにガリガリ君のアタリが出ましたぜ!
 近所のスーパーでガリガリ君の安売りをしていた時に、
 アセロラ、グレープフルーツ、ソーダを2本ずつ買い、
 このうち、アタリが出たのはやはりというか、
 定番のソーダ味でした。
DSC_0418.JPG

posted by 榊原ようご at 10:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

青山繁晴氏 自民党から参院選出馬 拉致問題解決に大前進

 新聞記事を読んで声が出たのは久しぶりでした。
 今朝のことです。
 「青山繁晴氏 自民党から参院選出馬」

 私の最大関心事の一つは、北朝鮮による拉致問題の解決です。
 自宅兼事務所の入口には関連ポスターを掲示し、
 常にブルーリボンバッジを着け、
 もちろん、「救う会全国協議会ニュース」を読み、
 市民生活の中で、ささやかながら問題意識の啓蒙を行っています。

 拉致問題解決は、安倍政権でなければできないと考えてきましたし、
 そこに青山繁晴氏が加わるとなれば、画期的な進展に期待できます。
 記事を読みながら、横田めぐみさんが帰国するシーンを想像し、
 身体が震える思いがしました。

 日本国民であれば、思想信条や立場に関係なく、
 拉致問題解決を望まない人はいないはずです。
 私にできることは、これからも全力で臨もうと、
 あらためて思いを強くしました。

posted by 榊原ようご at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

初夏の夜、「門前みなと」にて

 今年2月に引越をして、港のそばで暮らしています。
 夜はお酒を飲みながら、ジャイロと港をそぞろ歩きしたりします。

DSC_0413.JPG

 これは「太助灯籠」を、ふもとから見上げた映像です。

 太助灯籠
 http://www.love-marugame.jp/details/shop_cent/enj_06.html

 周囲には様々な石碑などがあって、書かれている内容を読むと、これまで知らなかった丸亀の歴史に出会えたりします。


posted by 榊原ようご at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

千と千尋へようこそ

DSC_0390.JPG
 先月の建国記念日より、丸亀駅北側のエリアに引越しました。
 なんとも味わい深い町並みです。
posted by 榊原ようご at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

丸亀で鶴をみた!

 今朝の散歩の途中、空を舞う四羽の鶴を目撃しました。
 場所は丸亀で、土器川の河口付近。ちょうどボート場の正面でした。
 我が目を疑って、何度もみましたが、間違いありません。

 香川県に鶴の飛来の記録はあるのでしょうか?
 少しググッても、それらしき情報はみつかりません。
 つーか、なぜか骨付鳥の「一鶴」関連ばかりが上位に表示されたのでした。

 いやー、それにしても、鶴が上空を舞う姿は、とても迫力がありました。

posted by 榊原ようご at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

丸亀 ていゆうニュースアダムスキーカップ2015

shyahai02.JPG
 吉田俊彦選手がシリーズを独走して優勝しました。
 またもや「業界一ショボい副賞」を、そのショボさへの謝罪と共に贈呈しました。
 ちなみに、吉田俊彦選手は、2011年にも丸亀でこのタイトルを制しています。
 http://www.teyyou.co.jp/tc_adm_cup.html

 当日の10〜12Rは場内イベントで予想会をしました。
 10、11Rの予想印は当たりました、12Rはハズレでした。
syahai01.JPG

posted by 榊原ようご at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

反省のための顔面公開

 十日ほど前、こんな顔になりました。
DSC_0386.JPG
 <注>まるで死体のようですが、死体ではありません。

 酒に酔って転倒したようですが、記憶がありません。
 実は昨年も、年末に似たようなことがありました。
 さらにいえば、「自分の酒の飲み方を考え直す」キャンペーン中でもありました。

 酒を飲み、酔い一定のゾーンを超えると、記憶が飛んでしまうのです。
 (「ブラックアウト」というそうです)
 また、二日酔いがヒドくて、翌日の夜になっても気分が悪かったりします。
 元来、がっつり仕事をしたればこそ、日々おいしいお酒が飲めるはず。ところが、酒が残る身体で何とか仕事をこなし、酒が抜けるとまた酒を飲み、翌日も酒でだるいまま何とか仕事を終える…。これでは本末転倒です。
 こんなことではダメだ!
 そう考えて、自分とお酒の関わり方を見直し、飲み方を試行錯誤していた矢先の出来事でした。

 ちなみに、酔っておかしな酒癖が出るようなことはないようです。
 周囲に何度も確認しましたが、まるで普段通りに振るまい、普段通りに帰るようです。
 ところがこの夜は、どこかで盛大に転倒した模様。
 それでも気づいた時には朝になっていて、ご丁寧にバスローブまで着て寝ていたのですが、その白いバスローブは血だらけでした。そして顔がこんな状態。情けない限りです。

 こうした反省から、あえてこの顔面を公然と晒すことにしました。
 また、今後は次のように自分を律します。

 ○丸亀ボートの開催前日から最終日前日まで、外へお酒を飲みに出かけない。
 ○夏場以外の宅飲みでは、焼酎はお湯割りで飲む。
 (翌日の朝がすごく楽になる)
 ○なるべく食べながら飲む。
 ○外で飲む場合、常に自分の酔い加減を意識する。
 ○ビタミンB1を摂る。

 反省しております。
 なお、顔はもう、ほぼ元通りになりました。


posted by 榊原ようご at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャイロ 紳士的に振る舞う

 昨夜、ジャイロの散歩中のことです。
 土器川沿いを歩き、橋の下に差し掛かった時、ジャイロが突如、川に飛び込みました。
 ジャイロは真冬でも川で泳ぐことがありますが、必ず私の顔をみて、
 「泳いでもいい?」
 って顔でお伺いを立てます。
 「いいよ」と私が促さない限り、勝手に川に飛び込むようなことはありません。
 ところが昨夜は、有無を言わさず川の中にダイブ。
 そのまま何かを咥えると、川から揚がり、私の方へ小走りで寄ってきました。
 橋の下は暗く、すべてが数秒のことだったので、一瞬イヤな予感がしました。
 「捨てろ!」
 私は慌てて叫びました。
 ジャイロがいけないものを咥えた場合、そう言うと、「ポトリ」と口から離すのです。
 果たして昨夜も、ジャイロは私の足元に何かを「ポトリ」と落としました。
 こわごわジャイロの咥えてきたものを凝視すると…。

 鳩の子供でした。
 怪我をして川に落ちてしまったらしく、ジャイロはそれを咥えて水から引き揚げたのでした。
 鳩の子供は「ポロッポ」と首をカクカクしながら草むらの方へ歩いていきました。
 ジャイロはといえば、その様子を見届けると、スタコラと散歩の続きを歩いていったのでした。

 偉いぞ! でかしたぞ! ジャイロ!
 お前はもはや、立派な紳士だ!
 たくさん褒めてあげました。

IMG_2281.jpg

 追伸
 こんなジャイロの童貞卒業&子作りに協力してくださる黒ラブ♀さん。
 もしいらっしゃいましたら是非、ご連絡を。


posted by 榊原ようご at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

久びにウンコもらしたよ?

 今朝のジャイロとの散歩中、ただ普通に歩いていただけなのに…。
 残り七〇〇メートルという地点から、地獄のガニ股早歩きがつらかった。
 パンツも一枚捨てました。
 でも、ウンコもらし記録は四七年二ヶ月一二日に記録更新!

 …ああ、あと四〇年もすれば、死ぬまで毎日更新するのか。 
 ニョホッ!!
posted by 榊原ようご at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月10日

元気であります

 しばらくこのブログを更新していなかったため、安否を気遣って頂きました。
 私はいたって元気であります。
 ノートPCが変わって、このブログにどうアクセスしてたんだかわからなくなっておりました。
 ここで近況報告。

○丸亀ボートでピット取材しています
 丸亀ボートが開催する日は、その初日前日からみっちりピットで取材させて頂いています。
 これも含め、実務が多くてオーバーワーク気味ですが、がんばっております。

○お酒について考え直しています
 歳のせいか、極端に二日酔いがひどくなってきました。
 深酒すると翌日夜までお酒が身体に残り、意欲が低かったり、頭があまり冴えなかったり、胸焼けしたり、いい事が一つもありません。
 元来、今日も一日ばっちり仕事したぞー!って思うから、毎日おいしくお酒が飲めたわけです。
 ところがいまは、仕事中は二日酔いでしんどくて、仕事を終えてお酒を飲み、酔いが回り出すと本調子…みたいになってしまって、これでは本末転倒です。仕事あってのお酒でなければなりません。
 深い反省と、今後の生き方にも関わる深刻な問題ととらえ、お酒との付き合い方を是正しています。
 もちろん、毎晩飲んではいますけどね。ニョホッ!!

○雑誌「マクール」で初のボツ原稿
 先月送った雑誌「マクール」のコラム原稿について、編集部から「申し訳ないけど、別の話題で書き直してください」と言われました。
 「マクール」にコラムを寄稿して十数年。こんなことは初めてです。
 ボツ原稿がどんな内容だったかというと、まあ、ここなら書いてもいいのかな?
 要するに、「ボート場に乞食が増える一方」といった内容です。
 汚い格好して、無料で利用できるものは人一倍利用し、舟券はほとんど買わない。
 こういうのが増えていくのはどんなもんか? という問題提起でした。だって、フロアに平気で痰唾を吐いたりするのもいるんだから、健全なファミリー連れとかが来にくくなるだろうと。
 慌てて書き直したので、次号のコラムは、あまりできがよくないかも? ニョホッ!!

○丸亀商工会議所の議員を続けることにしました
 ちょっと色々ありまして、ある議員に対し、「このような人物のいる会にはいられない」と思ったのですが、一応、来期もつとめさせて頂くことにしました。

○アイスジグを楽しんでいます
 (アイスジグについてはyoutubeで「アイスジグ」で検索し、動画をみればわかると思います)
 歩いていける近所の漁港で、焼酎を飲みながらアイスジグをチョンチョンやって楽しんでいます。
 一日の終わりの、ちょっとした楽しみです。
 まあ、ちっちゃいメバルぐらいしか釣れませんけどね。
 でも、チェイス→バイトがみえるから、ゲームというか、遊びというか、飲みながらやると楽しくてしょうがねえや。

 そんな感じです。

posted by 榊原ようご at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月31日

ジャイロの日常 2015年夏

20150731.jpg

 ここ数日の暑さになると、もはや散歩では、アスファルトを歩きたがらなくなります。
 車で近所のビーチへ行くことが癖になったジャイロは、
 朝の散歩に行こうとなると、車の前で催促します。
 早く海へ連れてけ…と。


posted by 榊原ようご at 12:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

台風11号の報告

 丸亀エリアは、昨夜深夜に通過した模様。
 大潮で満潮が深夜0時。おそらくその時間帯、土器川は上流から大量の雨水と土砂、漂流物が流れ、暴風もマックスを迎えていたのでしょう。川沿いの道には結構大きな流木まで転がっていたのでした。

DSC_0374.JPG

posted by 榊原ようご at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

チャイナに帰っちゃいな!

 私の住む香川県丸亀市にとって、造船業は重要な産業です。
 いつの頃からか、造船所や鉄工所に多くの中国人労働者が流入してきました。
 週末になると、自転車に乗った中国人の集団が市内に溢れます。
 いまではその光景も見慣れてきましたが、
 市内で中国人を見る機会が急増しだした頃、
 それとは反比例して、
 海辺にいた野犬たちが数を一気に減らしていきました。

 中国人労働者が現れて数年で、そこらへんの海辺にいた犬たちが、
 ほとんど一匹も見かけなくなりました。
 「中国人がみな食うてしもうた」
 市民の共通認識です。

 今朝の散歩の途中、
 散歩コースである土器川の河川敷を歩いていると、
 川辺で数人の中国人を見かけました。
 一ヶ月ほど前から、このような光景を見かけるようになりました。

 各々が手網や投網を持っていて、川辺で何やらしています。
 中には、竿竹の先にナイフをガムテープでくくったお手製の槍(?)を持つ者もいました。
 連中は大きな声で、もちろん中国語で、何やら騒ぎながら魚などを追っています。

 今朝みた限りでは、鯉や蟹をつかまえていたようでした。
 異国の地でたくましい人たちだ…などと、
 微笑ましくみることはできません。
 連中は、海辺の犬たちを全滅させました。
 自転車はもちろん盗んだものだろうし、
 手に手に持つ「漁具」も、近所の漁港などで盗んできたものでしょう。
 あるいは拾ってきたものかもしれません。
 ゴミ置き場をあさる中国人をみることは、
 ちっとも珍しくありませんから…。

 拾えるものは拾い、
 盗めるものは盗み、
 食べられるものはつかまえて食べる。
 中国共産党の覇権主義を、連中は理解しているのか?
 あるいはその意図を汲んでこの国に来たのか?
 それはどうであれ、
 連中が週末の景色を変え、
 海辺の景色を変え、
 川辺の景色さえ変えています。

 連中自身は異国の地で夢中に生きているだけ、
 なのでしょうが、
 結果的に中国共産党の野望に沿っていることになるし、
 少なくとも地域の有り様を少なからず変えているのは事実です。
 沖縄だけでなく、
 国内のあらゆる地域で、
 中国人がふるさとの景色を変えつつあるのではないでしょうか。

posted by 榊原ようご at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする