2014年08月12日

丸亀ピット担当しています

 二十五年前、駆け出しの記者として経験を積ませて頂いた丸亀のピットで、いま、新人当初よりも緊張しながら、恐縮しながら取材を行っております。まだお盆シリーズだったため、地元選手が多くて助かってはいます。

 いつも新しいことにチャレンジすると思うことがあります。
 未体験の実務にあたった際、それがどんな内容の仕事でも、いつも必ず思うことがあります。
 それは、「この仕事は自分にもっとも向いていない」ということです。自分ほどこの仕事に向かない人間はいないだろうと、即座に逃げ出したくなります。
 しかしこれは、そこにある仕事を「我が仕事」として取り込むための、第一歩だと考えます。過去の経験から、逃げずに向き合うことで、遠からず「我が仕事」とできる日がくる。これまで逃げずに、いくつもの新たな試みに挑んできました。それによって多くの経験を積むことができました。

 いまピットで行っている作業は、過去に経験したことはもちろん含まれますが、しかし、ネット時代に合わせて新しく創立した実務もあります。自分で立案したコンテンツなのに、その運営の実務を自分で行うのは、実は今回が初めてでした。
 朝から晩まで実務漬けの日々で、いつぶっ倒れるかわからない状況ではありますが、初心にかえったつもりで、むしろこの状況を乗り越えればもっと成長できる、そればかりか、若返ってみたりするんじゃないか?と、ポジティヴにとらえて取り組んでいます。
posted by 榊原ようご at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック