2015年12月31日

丸亀で鶴をみた!

 今朝の散歩の途中、空を舞う四羽の鶴を目撃しました。
 場所は丸亀で、土器川の河口付近。ちょうどボート場の正面でした。
 我が目を疑って、何度もみましたが、間違いありません。

 香川県に鶴の飛来の記録はあるのでしょうか?
 少しググッても、それらしき情報はみつかりません。
 つーか、なぜか骨付鳥の「一鶴」関連ばかりが上位に表示されたのでした。

 いやー、それにしても、鶴が上空を舞う姿は、とても迫力がありました。

posted by 榊原ようご at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

丸亀 ていゆうニュースアダムスキーカップ2015

shyahai02.JPG
 吉田俊彦選手がシリーズを独走して優勝しました。
 またもや「業界一ショボい副賞」を、そのショボさへの謝罪と共に贈呈しました。
 ちなみに、吉田俊彦選手は、2011年にも丸亀でこのタイトルを制しています。
 http://www.teyyou.co.jp/tc_adm_cup.html

 当日の10〜12Rは場内イベントで予想会をしました。
 10、11Rの予想印は当たりました、12Rはハズレでした。
syahai01.JPG

posted by 榊原ようご at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月08日

反省のための顔面公開

 十日ほど前、こんな顔になりました。
DSC_0386.JPG
 <注>まるで死体のようですが、死体ではありません。

 酒に酔って転倒したようですが、記憶がありません。
 実は昨年も、年末に似たようなことがありました。
 さらにいえば、「自分の酒の飲み方を考え直す」キャンペーン中でもありました。

 酒を飲み、酔い一定のゾーンを超えると、記憶が飛んでしまうのです。
 (「ブラックアウト」というそうです)
 また、二日酔いがヒドくて、翌日の夜になっても気分が悪かったりします。
 元来、がっつり仕事をしたればこそ、日々おいしいお酒が飲めるはず。ところが、酒が残る身体で何とか仕事をこなし、酒が抜けるとまた酒を飲み、翌日も酒でだるいまま何とか仕事を終える…。これでは本末転倒です。
 こんなことではダメだ!
 そう考えて、自分とお酒の関わり方を見直し、飲み方を試行錯誤していた矢先の出来事でした。

 ちなみに、酔っておかしな酒癖が出るようなことはないようです。
 周囲に何度も確認しましたが、まるで普段通りに振るまい、普段通りに帰るようです。
 ところがこの夜は、どこかで盛大に転倒した模様。
 それでも気づいた時には朝になっていて、ご丁寧にバスローブまで着て寝ていたのですが、その白いバスローブは血だらけでした。そして顔がこんな状態。情けない限りです。

 こうした反省から、あえてこの顔面を公然と晒すことにしました。
 また、今後は次のように自分を律します。

 ○丸亀ボートの開催前日から最終日前日まで、外へお酒を飲みに出かけない。
 ○夏場以外の宅飲みでは、焼酎はお湯割りで飲む。
 (翌日の朝がすごく楽になる)
 ○なるべく食べながら飲む。
 ○外で飲む場合、常に自分の酔い加減を意識する。
 ○ビタミンB1を摂る。

 反省しております。
 なお、顔はもう、ほぼ元通りになりました。


posted by 榊原ようご at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャイロ 紳士的に振る舞う

 昨夜、ジャイロの散歩中のことです。
 土器川沿いを歩き、橋の下に差し掛かった時、ジャイロが突如、川に飛び込みました。
 ジャイロは真冬でも川で泳ぐことがありますが、必ず私の顔をみて、
 「泳いでもいい?」
 って顔でお伺いを立てます。
 「いいよ」と私が促さない限り、勝手に川に飛び込むようなことはありません。
 ところが昨夜は、有無を言わさず川の中にダイブ。
 そのまま何かを咥えると、川から揚がり、私の方へ小走りで寄ってきました。
 橋の下は暗く、すべてが数秒のことだったので、一瞬イヤな予感がしました。
 「捨てろ!」
 私は慌てて叫びました。
 ジャイロがいけないものを咥えた場合、そう言うと、「ポトリ」と口から離すのです。
 果たして昨夜も、ジャイロは私の足元に何かを「ポトリ」と落としました。
 こわごわジャイロの咥えてきたものを凝視すると…。

 鳩の子供でした。
 怪我をして川に落ちてしまったらしく、ジャイロはそれを咥えて水から引き揚げたのでした。
 鳩の子供は「ポロッポ」と首をカクカクしながら草むらの方へ歩いていきました。
 ジャイロはといえば、その様子を見届けると、スタコラと散歩の続きを歩いていったのでした。

 偉いぞ! でかしたぞ! ジャイロ!
 お前はもはや、立派な紳士だ!
 たくさん褒めてあげました。

IMG_2281.jpg

 追伸
 こんなジャイロの童貞卒業&子作りに協力してくださる黒ラブ♀さん。
 もしいらっしゃいましたら是非、ご連絡を。


posted by 榊原ようご at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする